ココアの豆知識

ココアの豆知識トップに戻る

カカオの歴史編

印刷する

紀元前~17世紀:カカオから作られる高級飲料”チョコレート”の普及

紀元前 中南米のマヤ、インカ、およびアステカ族、カカオを栽培。貴重な飲料として使用。また、通貨としても流通していた。
1502年 コロンブスは第4次航海で現在のホンジュラスにおいてカカオ豆を入手していたが興味を持たず、スペインに持ち帰るが用途も知らずに終わる。
1519年 エルナン・コルテス(スペイン)が、メキシコ東岸に到着。
コルテス、アステカの首都(現在のメキシコシティ)に入城。モンテスマ二世よりカカオ飲料をもてなされ、現地人より作り方を知る。
1528年 コルテス、アステカを制圧。数々の略奪品とともにカカオ豆をスペインに持ち帰った。時のスペイン帝国カルロス王に献上。これが、カカオの実質的なヨーロッパへの伝来となる。
1580年 スペインで宮廷、僧侶を中心に飲料チョコレートが普及する。この年初めてチョコレートブロックが作られる。
1613年 仙台の伊達政宗家臣・支倉六右衛門恒長一行が出航、太平洋を渡り、メキシコを経由、大西洋を横断してヨーロッパに向かう。翌年渡欧(1620年9月22日帰国)。チョコレートを口にした最初の日本人と思われる。
1615年 スペイン王女アンヌ・ドートリッシュがフランスのルイ十三世と結婚。皇女は希代のチョコレート愛飲者だったので、チョコレートコックを連れての嫁入りとなった。以降、ショコラ飲料はたちまちフランス宮廷の最新流行となる。
1656年 イギリスでフランス人がチョコレートハウスを開店。
スペイン王女マリア・テレサがフランスのルイ十四世と結婚。彼女もチョコレート愛飲家だったため、フランスでチョコレートが定着した。

18世紀~19世紀前半:チョコレートの医学的効用発見、ココアの誕生

1715年 フランス・アカデミーのニコラス・メリーが医学的にチョコレートの効用を強調する。
1760年 フランス王室は、ショコラ調進所を設立。薬剤師ドボーヴはショコラ師として活躍。
1797年 長崎丸山の遊女のもらい品目に「コオヒ豆一箱、チョクラート…」の記載がある。
1824年 ジョン・キャドバリー、コーヒー、紅茶、ココアを売る店をバーミンガムに開く。
1828年 コンラート・ヴァン・ホーテン(オランダ)は、ウェースプの町でチョコレート工場を営んでおり、チョコレートを消化の良い飲物にすることを研究。カカオから脂肪分を分離させる原始的なココアしぼり機を発明。また“ダッチング”として知られているアルカリ処理の工程法も発明、低脂肪でなめらかなココアが誕生した。
1847年 フライ社が初めて、食べるチョコレートである板チョコを発売。
カカオのペーストに砂糖を混ぜた飲料用の固形物は食べると苦いものだったが、これにココアバターを加えたところ、苦味は薄められ、多くの砂糖を加えることができ、しかも冷やせばきれいに型抜きもできるようになった。

19世紀後半~20世紀初頭:ココア・ミルクチョコレート一般化と、日本での発売

1866年 キャドバリー社が、添加物ゼロの純粋なココア<ココアエッセンス>を市場に出す。この商品はカカオペーストから余分なココアバターを取り除いたもの。
1876年 ダニエル・ピーター(スイス)がミルクチョコレートを発売。
飲料のチョコレートに牛乳を加えることは当時も行われていたが、固形チョコレートには牛乳の水分のため加えることができなかった。ピーターは牛乳入りのチョコレートドリンクを乾燥させて、ここにココアバターを加える方法を発明。
19世紀末頃 レファイナー・コンチェの発明
コンチェという機械で、長い時間チョコレートを練り上げ、レファイナーという機械で磨砕の作業を何日間も連続してできるようにしたため、口溶けが良くクリームのような舌触りとなった。
1918年 森永製菓が日本で初めてカカオ豆からチョコレートの一貫製造を開始。森永「ミルクチョコレート」を発売。
1919年 森永製菓は森永ミルクココアを発売。国産第一号です。

【参考】ソフィー・D・コウ、マイケル・D・コウ著「チョコレートの歴史」(河出書房・1999年)
/ティータイム・ブックス編「チョコレートの本」(晶文社・1998年)

ココア&チョコレートの歴史

  1. 1. チョコレートの起源

    ココアの原料であるカカオ豆。原産地はブラジルのアマゾン川流域、またはベネズエラのオリノコ川流域と言われています。最初、人々は他の果物と同様にカカオの果実を食べていたと考えられます。その時食べていたのは、果肉やパルプの部分で、タネ、つまりカカオ豆は捨てていたに違いありません。ところがある時、偶然にも火が加わることによってカカオ豆がすばらしい香りと味を与えてくれることを発見します。その後カカオ豆を焼いてすりつぶし飲用するようになりました。

  2. 2. ココアのルーツは王侯貴族の“高級ドリンク”

    14世紀に成立したアステカ王国では、カカオ豆は「ショコラトル」という名称のドリンクとして、王侯貴族の間で普及していました。収穫したカカオ豆を積み重ねて発酵させた後、乾燥・焙煎させます。焙煎されたカカオ豆は石の上ですり潰され、ペースト状にします。このカカオペーストにバニラやコショウ、薬草などが加えられ、ときにはトウモロコシの粉が加えられることもありました。そのままでは苦味が強いのでトウモロコシを加えて、マイルドな飲み口にしていたようです。 加工されたカカオ豆のペーストは大きな葉の上にのせられ冷やして固められます。後は飲むときに必要な分だけ削ったり砕いたりしてお湯か水に溶かし、飲料として楽しまれました。

  3. 3. 16世紀にアステカからスペインへ

    中南米に広まったカカオ豆に初めて出会ったヨーロッパ人はアメリカ大陸の発見で有名なコロンブス。1502年にホンジェラス付近を航海中にマヤ人と交易のため接触しました。マヤ人の船には交易品としてカカオ豆も積まれていて、それは貴重な飲料であると同時に、貨幣としても機能しているものでした。しかし、コロンブスはカカオ豆に興味を示しませんでした。

    代わって伝道師の役目を果たしたコルテスはスペインの貴族。大航海時代といわれた発見ブームにわくスペインで、コルテスも発見で名を挙げたいと思っていました。 現在のメキシコにあたるアステカの黄金などの富を狙ったコルテスは1519年アステカの王モンテスマに会うことができました。この時、モンテスマ王が飲んでいたのがショコラトル(苦い水)、ショコラトルはよく泡立てられ、バニラなどのスパイスで香りをつけた強壮飲料でした。これがコルテスのチョコレート発見です。

    その後、わずか3年足らずでアステカを滅ぼしたコルテスがカカオをスペインに持ち帰ったのは1528年、日本の室町時代末期にあたる頃です。故国に帰ったコルテスは早速スペイン宮廷へ飲み物に加工して紹介しましたが、苦味の強い飲料はそのままでは受け入れられませんでした。しかし、同時に新大陸からもたらされたバニラと砂糖を加えると、味が程よく整い、その後宮廷と上流階級の間で大流行することになったのです。

  4. 4. 植民地のプランテーションでカカオ豆は世界各地へ

    コルテスは、カカオ豆を持ち帰ると同時に、現地でカカオ豆100粒と奴隷1人が交換されるなど、非常に高価に取引されている光景を目にし、本国スペインでカカオプランテーションの設立を進言します。スペインではこの助言に基づいて中南米や南米、のちにカリブ諸島、フィリピンなど各地にプランテーションをつくり、大規模な生産体制を確立しました。また、周辺のオランダやフランス、イギリスなども次々に植民地でのカカオ栽培に乗り出し、カカオ豆はヨーロッパ諸国が統治する植民地でのプランテーションというかたちで、中南米を中心に、西アフリカ、東南アジアなど世界各地に広がりました。

  5. 5. カカオ産業革命!ココアの誕生

    アステカからスペイン、そしてヨーロッパ全土へ。スペインで砂糖を使用したことで甘いドリンクに変身した「ショコラトル」はその後、フランスでは「ショコラ」に、イギリスでは「チョコレータ」などと名を変え広まると同時に、様々なアレンジが加えられました。スペインやイタリアでは砂糖のほかにシナモンや種実類を混ぜ、ドイツやイギリスではオートミールやドングリ、大麦粉を入れるなどアイディアと工夫によって様々な方向性に進化を遂げて行ったのです。

    そして1828年、このカカオの飲料に革命的な出来事が起こりました。オランダ人、ヴァン・ホーテンが、カカオペーストから脂肪分を分離することに成功したのです。従来、カカオペーストには55%の脂肪分が含まれていて、水や湯に溶かすと表面に油が浮いて飲みづらく、またくどくて胃にもたれるなど欠点がありました。ヴァン・ホーテンはカカオペーストをプレスして3分の2の油を取り出し、脂肪分の少ないココアケーキを発明したのです。ケーキは細かく砕くなど加工され、ココアパウダーとして従来のカカオペーストとは全く別のものに生まれ変わりました。

    その後特許登録されたココアは、1866年、イギリスのキャドバリー社が「ココアエッセンス」という名称で、続いて同じくイギリスのフライ社が「エキストラクト」という名称で、ココアの製造販売を開始しました。

  6. 6. 副産物から「食べるチョコレート」が誕生

    また、ココアの誕生は思わぬ新たな発明にもつながりました。カカオペーストに砂糖を混合した飲料用の固形物は、そのまま食べるとあまりに苦く、お湯に溶かして飲むしか方法がありませんでした。しかし、これに絞り出された油(脂肪分=ココアバター)を加えてみると、苦味は少なくなり、より多くの砂糖を溶かし込むことも可能になりました。さらに冷やすとキレイに型抜きすることも容易。つまり、固形のまま食べることができる現在のチョコレートがここに誕生したのです。 その後はココアは「飲むチョコレート」として、固形チョコレートは「食べるチョコレート」として、それぞれの道を歩んでいくことになるのです。